日々生活を送っていると、知らぬ間に不用品が出てくる。我が家などはその不用品で身動きができない程である。簡単にゴミとして捨てることが出来れば、我が家が不用品が埋まることは無

環境のことを考えた生活〜リサイクル編

生活することはリサイクルの方法を知ることだ。

日々生活を送っていると、知らぬ間に不用品が出てくる。我が家などはその不用品で身動きができない程である。簡単にゴミとして捨てることが出来れば、我が家が不用品が埋まることは無いのだが、他人にとってはごみと思えても、衝動買いをした物も不用品として残っているかもしれないが、大抵は生活をするうえで必要な物として購入したり、頂いたものである。今は不用品かもしれないが、思い出があり、又近い将来必要とされる物かもしれない、かくて家の中に不用品で埋まり、ごみ屋敷にと変質する。ときめかない物はごみとしてありがとうと言って捨てましょうと言う、妙齢の収納名人は言うが、ごみ屋敷の住人には全てときめくのである。

ごみ屋敷にしない方法としては、捨てる・買わない・貰わない・リサイクルする等があるが、捨てらないから困るのであって、ゴミとしての認識が無いのである。方法としては必要な物しか買わない、貰わないことと、一旦手元に入った物はとことん使い切る、リサイクルすることでは無いかと思うのだが、捨てられないことの原因は思い出あろう。例えば子供のランドセルをそのまま残したい気持ちは理解できるが、これをそのまま残すのではなく、デジカメに写すとか、他の物に加工する等して保管して、現物をバザーに出すか、オークションに出して、たとえ僅かでもお金に変えるという工夫が必要であろう。オークションでは思わぬ物が、高値で購入されることがあるらしい。私は捨てらない人は、少なくとも場所をわきまえず、あたりかまわず捨てる人に比べれれば人間的に勤勉で良心的な人と思っている。ただほんの少しの勇気と工夫が欠けているだけと思っている。

お役立ち情報